Akira Tsuboi Web

 

日本語 ENGLISH

2022.10.13

<お知らせ>







 

ありがたいことに、新しい連作絵画《連作 731》展示の機会を頂きました。
詳細は画像をご覧ください。
この連作は、731部隊の諸問題から戦後を通じコロナウイルス対応まで一貫して垣間見えている日本の医学界の在り様を顕し、
記憶に残してゆくことを企図した作品です。
制作にあたり、この問題を長年追及されてきた
お二人の慶応義塾大学名誉教授 松村高夫先生と倉沢愛子先生との共同作業をさせて頂きました。
当日は、このお二人が朗読される731部隊被害者の鎮魂詩に合わせて制作したスライドショーを音楽と共に上演いたします。
安倍晋三政権下で猖獗を極めた日本の歴史修正主義の問題を題材にした絵画《およそ70年後に再び現れた極東の怪物》を
ご覧になっていた元編集者の方が、この新作絵画制作/発表のきっかけを私に与えてくださいました。
このような大変貴重な機会に私を結び付けるべく奔走してくださった方々、
そして一切を可能として下さった神様に心からお礼申し上げます。


*会場の広さの都合上、ご予約先着順で締め切りとなりますのご注意ください。

■連絡先
主催:米国の原爆投下の責任を問う会
(事務局)水澤壽郎
〒183-0011 東京都府中市白糸台1-47-17
Tel: 090-1769-6565
mail: mimizuku929@yahoo.co.jp

 

■主催「米国の原爆投下の責任を問う会」
(第15回)講演学習会
「マルタ」「ロームシャ」のための鎮魂詩朗読会

■開催日時: 11月12日(土) 開場13:00 開演13:30〜15:00 資料代1000円

■会場:キリスト友会東京月会会堂
東京都港区三田4−8−19
泉岳寺駅(都営浅草線)伊皿子坂方面、A3出口から徒歩8分
白金高輪駅(都営三田線、東京メトロ南北線)魚藍坂方面、A2出口から徒歩10分)
http://www.kirisutoyuukai.org/



I'm grateful for the opportunity to exhibit a new series of paintings "series 731.

This series of paintings is intended to show and remember the state of the Japanese medical community,
which has been consistently glimpsed from the problems of Unit 731 to the response to coronavirus in the postwar period.
In creating this work, I collaborated with two professors emeritus of Keio University,
Dr. Takao Matsumura and Dr. Aiko Kurasawa.
On the day of the event, I will play a slide show with music,
which was created to accompany the requiem poem for the victims of Unit 731
read by these two professors.

A former editor who saw my painting "The Monster of the Far East Reappears After 70 Years,"
which is based on the issue of historical revisionism in Japan,
which has reached its peak under the Shinzo Abe administration,
gave me the opportunity to create and present this new painting.

I would like to express my sincere gratitude to
all those who worked so hard to connect me with this very precious opportunity,
and to God for making it all possible.

Please note that due to the size of the venue,
reservations will be closed on a first-come, first-served basis.
(Secretariat: Toshiro Mizusawa mail: mimizuku929@yahoo.co.jp)

■Organized by "Association for Holding the U.S. Accountable for the Atomic Bombings
(15th) Lecture and Study Session
Requiem Readings for “Malta” and “Romush”

■Date: November 12 (Sat.)
Doors open 13:00 Concert begins 13:30-15:00
\1,000 for materials

■Venue: Christ Friendship Association Tokyo Gekkai Kaikan
4-8-19 Mita, Minato-ku, Tokyo
Sengakuji Station (Toei Asakusa Line) toward Isarakozaka, 8 min. walk from Exit A3
Shirokane-Takanawa Station (Toei Mita Line, Tokyo Metro Namboku Line) 10-minute walk from Exit A2 in the direction of Gyooranizaka) http://www.kirisutoyuukai.org/

 

 

-------------------------------------------





現在、韓国釜山のカフェGwangbok12pmさんが開催してくださっている写真展『???/懐かしさ 』。
それに合わせて制作した詩と写真の小冊子『???/懐かしさ 』の販売を開始いたしました。
『会うのが難しくなった時代だからこそ見えるもの』についての詩と写真による小記録。 
一部1000円。
写真と詩/ 壺井明 チェ ウヒ 2022年2月6日発売 A4 24頁。
日本に在住されている方には一部370円のレターパックで送らせていただきます。
希望部数で送料が異なってきますので、ご連絡ください。


The photo exhibition "???/ Nostalgia" is currently being held by Gwangbok12pm in Busan, Korea.
The booklet "???/ Nostalgia", created to accompany the exhibition, is now available for purchase.
The booklet is a small record of poems and photographs about what we can see because of in this age when it has become difficult to see each other. 
1,000 yen.
Photos and poems by Akira Tsuboi, Woohee Choi, February 6, 2022, A4, 24 pages.
For those who live in Japan, I will send some copies by LetterPack for 370 yen. Please contact me for the shipping cost, as it depends on the number of copies you want.

 

 

 

-------------------------------------------





ありがたいことに、
韓国釜山光復路カンボクロにあるカフェGwangbok 12pm さんが
2月1日から末日までの期間、私と妻の写真と詩の展示
を行ってくださっています。
コロナウイルス感染拡大のさなか、およそ一年半ぶりに邂逅した日本人と韓国人の夫婦、東京での40日間。
どれだけの方が今のご時世に釜山にいらっしゃるかわかりませんが、ぜひお立ち寄りください。


Thankfully,
Cafe Gwangbok 12pm in Gwangbokro, Busan, Korea, is holding an exhibition of my wife and I's photographs and poems from February 1 until the end of February.
n the midst of the spread of the coronavirus, a Japanese and a Korean couple met for the first time in a year and a half, and spent 40 days in Tokyo.
I don't know how many of you will be in Busan at this time, but please come!

 

 

 

-------------------------------------------

 



2021年10月18日、
日本軍「慰安婦」問題について国際的に情報発信をされているインターネットメディアProject SoNyeoさんが、
2020年から壺井が取り組んでいる新作絵画『およそ70年後に現れた極東の怪物』について取材して下さり、
このほどインタヴュー記事を報じてくださいました(英語の記事です)。

March 10, 2021
Thankfully, my interview article was published in English about the new painting I'm currently working on that opposes Japanese historical revisionism by Project SoNyeo.

 

 

-------------------------------------------

 




2021年3月10日、
オーストリア国営放送ORFさんから受けたインタヴューが公開されました。
現在の製作について紹介して頂きました。

https://youtu.be/a3C_w77evRg

 

March 10, 2021
The interview received from ORF(Austrian National Broadcasting) has been released.
I was let introduce about current production.

https://youtu.be/a3C_w77evRg

-------------------------------------------

 

2021年1月30日、
『奇矯な絵描きの奇矯な近況』と題して文章を書かせていただいた、
金沢で発行されている文化誌『そらあるき 臨時号 special edition COVID-19』が発売されました。

https://motion-gallery.net/projects/soraaruki

January 30, 2021
the cultural magazine "Sora Aruki Extra Edition COVID-19" published in Kanazawa,
which I wrote text entitled "The strange recent situation of a strange painter", was released.

https://motion-gallery.net/projects/soraaruki

-------------------------------------------

 

COVID-19感染拡大に対するポーランド政府の活動制限の緩和に伴い、
開催順延となっていたワルシャワMoMAの展示「半陰影の時代」が
6/5~9/13の日程で入場者数制限の下に開催されることになりました。
2018年光州ビエンナーレをきっかけにワルシャワMoMAの主任学芸員さんに見出だされた
3.11福島原発事故を描いた連作祭壇画「無主物」のうち五点のレプリカが展示されます。

https://artmuseum.pl/en

 

Due to the relaxation of the Polish government's restrictions on activities against COVID-19,
the exhibition of Warsaw MoMA "THE PENUMBRAL AGE " which had been postponed,
has been held on June 5th to September 13th under the limit on the number of visitors.
Five replicas of 3. 11 Fukushima nuclear power plant accident serial painting which was found by the chief curator of Warsaw MoMA in 2018 Gwangju Biennale has been on display .

https://artmuseum.pl/en

 

-------------------------------------------



COVID-19の影響により、
ワルシャワMoMAは『The Penumbral Age:半陰影の時代』展参加作家たちにビデオコンテンツの制作を求め、
オンラインで無料公開することを始めました。
それに伴い、現在滞在している韓国釜山で壷井が制作したビデオ作品
『日陰に響く声を聞く:Listening To The Voices Sounding At Penumbral Places 』
が間もなく公開されます。
https://wiekpolcienia.artmuseum.pl/en/artysc

 

Under the influence of COVID-19,
Warsaw MOMA began to ask participating authors of The Penumbral Age to make video content and release it online freely.
Then Akira's video art work
"Listening To The Voices Sounding At Penumbral Places"
made at Busan, Korea, will soon be released.
https://wiekpolcienia.artmuseum.pl/en/artysc

 

-------------------------------------------


以前制作に協力しました、米国在住の映画作家中村賀与子さんのドキュメンタリー『No Nukes』が、現在ワシントンDCのAsian Pacific American 映画祭でオンラインストリーミングされています。もしよかったらご覧ください。コロナの影響で劇場上映が全てキャンセルになり、5月末までオンライン公開になっているそうです。
ニューヨークの映画館、ロシアの劇場数箇所でも上映されました。


https://www.apafilm.org/films/no-nukes?fbclid=IwAR2GxegzVpBP1Yc5QFH7wfTjsQ4nIbDDsO2C1JuQhBMJBaTdfpZBPeSpKhM

The documentary "No Nukes" by U.S basing filmmaker Yoko Nakamura is now streaming online at the Asian Pacific American Film Festival in Washington, D.C.I cooperated with the production.If you don't mind, please check it out.Due to the influence of the corona, all of the theater shows have been canceled and will be shown online until the end of May.
It was also shown at several theaters in New York and in Russia.
https://www.apafilm.org/films/no-nukes?fbclid=IwAR2GxegzVpBP1Yc5QFH7wfTjsQ4nIbDDsO2C1JuQhBMJBaTdfpZBPeSpKhM

 

-------------------------------------------


福島第一原発事故を題材とした連作絵画作品『無主物』のレプリカが出展される予定のポーランドワルシャワ近代美術館での展示"The Penumbral Age. Art in the Time of Planetary Change"(3/20〜7/6)が、
covid-19に対するポーランド政府文化遺産省の決定により暫く開催日順延となりました。

<Notification>
”The Penumbral Age. Art in the Time of the Planetary Change (3/20〜7/6)” at the Museum of Modern Art in Warsaw, Poland, where replicas of my serial paintings, "MuShuButsu -ownerless substances-" featuring the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, are scheduled to be exhibited, has been postponed for a while due to the Polish Ministry of Cultural and National Heritage's decision on covid-19.


2020.3.20〜7.6にポーランドワルシャワ近代美術館にて開催される国際芸術展
「Penumbral AgeArt in the Time of Planetary Change
:地球変動期における半陰影の時代の芸術」
に、連作祭壇画無主物のレプリカが展示されるはこびとなりました。

International exhibition
"PENUMBRAL AGE ART IN THE TIME OF PLANETARY CHANGE"
at Warsaw MoMA Poland 2020.3.20-7.6 will exhibit my paintings about 3.11 Fukushima Nuke accident.