近況

略歴

画廊

告知

展示

連絡

展示予定

「絵本無主物 三版」および「無主物制作ノート vol.1」ネット販売開始いたしました。

●「絵本無主物 三版」 一部 1,000円
http://musyubutsu1st.shop-pro.jp/?pid=109614926


3.11原発事故から五年を経た2016年10月からおよそひと月の間、原爆の図丸木美術館が企画した「3.11を描く 壷井明 蓮作祭壇画無主物展」。この展示では事故後五年の間に増えた3.11原発事故の傷を描いた12点のうち、多くが制作途中でもあった11点の作品が一同に展示されました。その機会に合わせて制作されたのがこの絵本です。もっぱら絵と詩でのみ構成された、きたるべき社会にむけてひそかに語り継がれる現代の民話。
制作は壷井、2016年10月20日から丸木美術館で先行販売開始。
このたび、ネット販売を開始しました。純粋に表現作品である本作品の売り上げは、壺井の絵画制作表現活動、取材活動に回されます。


●「福島行 「無主物」制作ノート vol.1」 一部 500円
http://musyubutsu1st.shop-pro.jp/?pid=109617129


3.11福島第一発電所事故の諸相を描いた『連作祭壇画 無主物』。この冊子は、絵画制作のために壺井が2016年7月の時点までに聞きあつめた現地の証言、そして制作過程をふくめて掲載した報告ノートになります。制作は映像作家安田哲。現地の方の証言を多く掲載したこの冊子は、情報が広く伝わってゆくことを希望し、一部500円といたしました。また、この冊子の売り上げの一部は、壷井が応援したいと感じた被曝防護、避難保養活動、訴訟などを行われている諸団体に寄付されます。壷井は、特定の政治団体および活動を支援いたしません。

≪送料に関して≫
5部までは、一つ360円のレターパックにて送らせていただきます。
≪手続きに関して≫
購入希望された方はこのサイトのメールからご一報ください。
ご希望の部数にしたがい、送付方法をお伝えいたします。ならびに絵本用の銀行口座をお伝えします。ご住所をお伝えくださった時点で、なるべく早く発送いたします。お手すきの際に、料金を収めてください。




(2016年11月19日)


来る3月11日、現代日本のリアルアート表出空間KEN(三軒茶屋)さんにて、『壷井明展 東京報告vol.6 -消されてゆく痕跡- 』と題してまして、3.11福島第一原子力発電所事故の諸相を描く連作「無主物」のまとまった展示を行う機会をいただきました。
http://kenawazu.com/events/


土日のみの展示ですが、各方面から錚々たるゲストの方々に来ていただくことになりまして、現在生じている事々に新たな光を与えようと計画しております。 消されてゆく、痕跡。 いずれのイベントもこの言葉が貫かれている内容となっております。

●3月11日は、イベント 消されてゆく痕跡@ 『原子力 明るい未来のエネルギー』と題しまして、まずパート1として、福島の現地の方として、大沼勇治さんをお招きしました。
大沼さんはもうご存知の方もおられると思いますが、福一の立地町村の双葉町出身。双葉町にあった『原子力 明るい未来の エネルギー』というあの有名な看板の標語考案者でもある方です。小学六年生の時に大沼さんが考えた言葉、看板は、3.11事故後、夢の残骸と成り果て、2015年12月21日に撤去されました。大沼さんは考案者としてほぼ単身保存する活動をはじめられた方であります。この、痕跡をめぐりひとびとはどうふるまったのか、大沼さんはなにを思ってきたのか、いろいろとお話を伺います。

この日のパート2は『痕跡の音』−崔善愛、「連作祭壇画 無主物」を弾く―と題しまして、ピアニストの崔善愛(チェ・ソンエ)さんをお招きしました。
実は大沼さんを紹介してくださったのも崔さんでありまして、これまで自分の絵に熱い賛同および叱咤を寄せてくださったのも崔さんであります。
消されてゆく痕跡、というものを考えると、日本という国においては在日の方たちというのは消され続けている民族とも言えまして、彼女は自らのアイデンティティを闘いながら貫いてきた方でもあります。そんな背景から、これまでの世界に散らばる消されてきた痕跡、消されてゆく存在がたてる抗いの気配に鋭敏なものを持たれているのでしょう、そんなかそけき存在を音によって強靭に表出させる崔さんが演奏してくださるのは自分にとっても幸甚であります。


●3月18日は、自分が話します。
展示されている絵の背景にあること、福島で聞きとった言葉、世界に散らばるこれまでの歴史に存在していた3.11後のありように光を投げかける出来事。路上展示のこと。


●3月25日(土)は、イベント 消されてゆく痕跡B 『第五福竜丸乗組員生存者 大石又七、「連作祭壇画 無主物」を見る』と題しまして、パート1には第五福竜丸乗組員生存者の大石又七さんに来ていただくことになりました。
戦後9年の1954年の南洋、太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁で米軍により行われた水爆実験。この実験により生じたいわゆる死の灰がちょうど漁に出ていた漁船に降り、若い漁師たちが浴びました。23名の被曝者、一人の被曝死者を出したこの事件に当時の社会はどう反応したのか。当時放射能汚染されたマグロは、これは有名な話ですが築地の地下に埋められました。その供養塔ともいうべきマグロ塚。現在東京都立第五福竜丸展示館のそばにあるこのマグロ塚を、埋設されたはずの築地に戻す、そんな活動を現在行われている元一人の漁師は、福島をどう見るのでしょうか。自分の絵は、なにをもたらすのか、もたらせないのか。緊張はらむ会になります。

パート2は『痕跡を繋いでゆく』と題しまして、大石さんも深く関係されている東京都立第五福竜丸の学芸員、安田和也さん、大石さん、自分の三者トークを行います。 第五福竜丸は、仄聞ですが、まずは米軍が海中に沈める指示を出したそうですね。いわば消されようとした痕跡なのですが、今現在も東京にありましてホールの中に保存されております。安田さんは現在にいたるまで、米国水爆実験の舞台となったマーシャル諸島のその後を追っておられる方でして、今年向かわれたエニウェトク島の現在の話を伺うと、63年後の南洋の島の現状が意図せずに福島と重なってくるところがあるんですね。 かつて戦後日本に蓄積されていた放射能被曝の知識。
それは3.11後に語られるようになったベクレル、シーベルトの単位ではありませんでした。では、それを福島後の単位に直すとなにが見えてくるのでしょうか。自分がこれまで出会った漁師の話、現状、大石さんにも響くものがあると思われます。

イベント以外の日、作者在廊、即席ゲスト来場も歓迎であります。 ご興味ある方、私にメッセージください。


open 午後二時
close 午後7時予定

イベント開始 各回 15時から 入場料1,500円
展示のみの入場料 1,000円
 (展示日作者在廊)
(2017年3月08日:一月にパソコンが壊れたほか諸事重なり告知遅れましたことをお詫びいたします)