近況

略歴

画廊

告知

展示

連絡

展示予定

「絵本無主物 三版」および「無主物制作ノート vol.1」ネット販売開始いたしました。

●「絵本無主物 三版」 一部 1,000円
http://musyubutsu1st.shop-pro.jp/?pid=109614926


3.11原発事故から五年を経た2016年10月からおよそひと月の間、原爆の図丸木美術館が企画した「3.11を描く 壷井明 蓮作祭壇画無主物展」。この展示では事故後五年の間に増えた3.11原発事故の傷を描いた12点のうち、多くが制作途中でもあった11点の作品が一同に展示されました。その機会に合わせて制作されたのがこの絵本です。もっぱら絵と詩でのみ構成された、きたるべき社会にむけてひそかに語り継がれる現代の民話。
制作は壷井、2016年10月20日から丸木美術館で先行販売開始。
このたび、ネット販売を開始しました。純粋に表現作品である本作品の売り上げは、壺井の絵画制作表現活動、取材活動に回されます。


●「福島行 「無主物」制作ノート vol.1」 一部 500円
http://musyubutsu1st.shop-pro.jp/?pid=109617129


3.11福島第一発電所事故の諸相を描いた『連作祭壇画 無主物』。この冊子は、絵画制作のために壺井が2016年7月の時点までに聞きあつめた現地の証言、そして制作過程をふくめて掲載した報告ノートになります。制作は映像作家安田哲。現地の方の証言を多く掲載したこの冊子は、情報が広く伝わってゆくことを希望し、一部500円といたしました。また、この冊子の売り上げの一部は、壷井が応援したいと感じた被曝防護、避難保養活動、訴訟などを行われている諸団体に寄付されます。壷井は、特定の政治団体および活動を支援いたしません。

≪送料に関して≫
5部までは、一つ360円のレターパックにて送らせていただきます。
≪手続きに関して≫
購入希望された方はこのサイトのメールからご一報ください。
ご希望の部数にしたがい、送付方法をお伝えいたします。ならびに絵本用の銀行口座をお伝えします。ご住所をお伝えくださった時点で、なるべく早く発送いたします。お手すきの際に、料金を収めてください。




(2016年11月19日)


来る5月10日、国立東京外国語大学さんにて、招待講義『異物であることの可能性』および10日から三日間の特別展示『連作祭壇画 無主物』を行う機会をいただきました。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_981.html

2017年3月にKEN(三軒茶屋)さんが企画してくださった『壺井明展 東京報告vol.6 消されてゆく痕跡』に来場された、東京外国語大学社会学講師 李ヤ京先生に今回の招待講義の機会を頂きました。   
李ヤ京先生にお礼申し上げます。
李先生が担当されている国際社会学部「現代世界論入門」内『平和学をする』の一環でして、3.11原発事故がもたらす傷の諸相を描いている『連作 祭壇画 無主物』の制作背景、野外でのゲリラ展示を通じて、いろいろとお話しいたします。
伺ったところ、外国語のエリート学生さんたちがほとんどだそうで、これから外国という異邦に異邦人として飛び込んでゆかれる方が多いのかと思いました。自分はこれまで福島現地をはじめすとするいろいろな場所に一人で向かい、そこで受け取った言葉を絵にしてきました。一人で、ふいに訪れることには時にためらいを感じるような場合も多々ありまして、外国へ行かずとも異邦にも等しい場所が遍在しているのが現代ではないかという思いを持ってもおります。
ためらいながらもその中へと入ってゆき、それまで見知らぬひとびとだった方々と相対して、公には伝えられないこと、しかし重要なことを受け取り、それを絵にして、そして路上で絵を通じて伝えているのが自分であります。
そんなことを通じてコミュニケーションとは何かということ、そして日本の文化にかつて存在していた自然現象への振る舞いの作法など、もろもろお話しできればと思います。今回の講義は一般にも公開されております。
無料です。
また、5月10日から、外語大研究講義棟ガレリアという広いロビーを貸し切って『連作祭壇画 無主物』の特別展示を行います。展示に際してお世話していただいた外語大名誉教授 中野敏男先生にもお礼申し上げます。

(2017年4月5日)